DSC_0067.jpg




来週6月22日(月曜日)午前中に院内ミーティングを行いますので、診療時間を午後2時からとさせていただきます。




ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。




院内のレイアウトが梅雨バージョンにかわりました。




梅雨で連想されるのは、紫陽花やカタツムリですが、今回は雲と雨。




いつものHさんの作品です。ありがとございます。




雨がエアコンの風でそよいでいて、いやな梅雨も楽しめそうです。




(今回は雲を切る作業のみ手伝わせていただきました。)
posted by AKIZUKI DENTAL OFFICE at 09:18 | お知らせ
プレオルソ.jpg





5月31日、こどもの歯並びをマウスピースで改善していく治療法を学びに、




『こども歯ならび矯正法 プレオルソ ベーシックセミナー』に参加してきました。




簡単にまとめると、歯並びを悪くする要因をマウスピースで改善していき、成長とともに歯並びを改善していく治療法です。





3歳から10歳が治療の対象ですが、歯の生え変わりが始まる6歳がベストタイミングだと考えます。





歯並びを悪くする要因は、たくさん存在します。





列挙していきますと、





・口呼吸
・舌の態癖
・うつぶせ寝
・頬杖
  etc


などなど、子供さんに上の様な習慣があれば、ちょっと注意が必要です。




歯が並ぶ位置というのは、唇の筋肉とほっぺたの筋肉、そして舌の筋肉が大きく関与してきます。




つまり、筋肉が弱かったり、舌を前につき出す癖があると、簡単に歯並びは変わってきます。




それを改善してくためのマウスピースが、この『プレオルソ』です。




開業前に勤務(修行)させていただいていた うらかわ歯科で改善した多くの症例を見させていただきました。そのときは、違うメーカーのマウスピースを使用していましたが、プレオルソはそれらより改善されており、多くの症例に対応できる装置になっています。





うらかわ歯科で勤務されている安藤先生と一緒にセミナーを受講させていただき、ふたりでなるほど、と思うことが沢山勉強できました。





本格的な矯正だと永久歯に生え変わってから一般的にスタートになりますが、




6歳くらいからと早い段階で行える治療で、悪くなる要因を早く取り除くことが可能になり、歯並びをきれいな方向に導くことができます。




しかしながら、マウスピースでの限界もあります。




歯の回転や、多少のずれ等までは改善できないので、そこまで希望がある場合は、マウスピースの治療を行ったあと、歯を綺麗に並べる矯正治療を行います。




ご興味がある方は、一度ご連絡ください。



タグ:矯正
posted by AKIZUKI DENTAL OFFICE at 09:34 | セミナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。